風に吹かれて

なんだかつまんないことばっかし。

おもしろいことしたいなーってネリネリしても

即却下されちゃうし。

 

不足なんでしょうね、単純に。

素直にアイムソーリーするしかない。

 

けど、自分がやりたいなって考えてることを

採用してもらうためにアレコレ考えまくって、

そのうちその企画をやりたいんだってことより

上司を納得させてるための企画になっちゃったりして

 

ねるねるねるねはねればねるほどイロが変わってしまいます。

 

 

つまんない。

 

やりたいことができない世の中じゃポイズンてことは

きっと私自身がつまんないヤツだってことなんだろう。

とてつもなく悲しいけど、あっさり認めるしかない。

こんな風に好き勝手書くのは楽しいけどこれは単なる自己満足で

こんなのがおもしろいかどーかはどうだって良いワケだけど、ね。

 

自分の息子にすらヤキモチ焼ける、この頃。

 

 

 

アスファルトタイヤを切りつけながら暗闇走り抜けたい。

きっとそんな未来は待ち受けてないんだろうけど、

チープなスリルに身を任せたい。

 

エレファントカシマシ聴きたい。

 


エレファントカシマシ「風に吹かれて」

 

この唄、個人的にはサビじゃない方の歌詞がサイコー